大陸はワイルドだぜ?

若干まったり仕事をしているチョンミンです。

 

大陸では反日デモが盛んなようです。

まあ、いつものことですね。

それよか、来月中国に行くんですけど・・・。

かの国は時に正攻法が全く効かないことがあるので注意が必要です。

 

2010年に起きた中国漁船衝突事件。

中国人船長が逮捕された後、大陸では日本企業の社員が「許可なく軍事管理区域を撮影した」との容疑で拘束されてしまった。

実際のところ、本当に軍事管理区域を撮影したかは不明だが、船長の釈放問題で両国担当者が熱くなっているときに、カメラを持って軍事管理区域に近づいただけでもマヌケな話で、「人質にしてください。」と言って敵陣に乗り込んでいったようなものだ。

この場合、軍事施設を撮影していたかどうかは関係ない。

そのような容疑をかけられてしまうような行動をとったほうの負け。

もちろんそれが正しいとはこれっぽっちも思わないけど、捕まった時点で負けなの。

日本なら不当逮捕で訴えて賠償&名誉回復でいいかもしれないけど、中国で日本人が裁判やってまともに勝てるわけがない。

そんな事はあたりまえ。

この場合相手の権力に囚われないように行動するよう努めないとね。

日本でも警察の不祥事が起こるわけで、中国で起こらないはずがない。

しかもそれに国家の意思が加わる可能性が容易にあるから大変。

 

幸か不幸か、中国はすでに日本の経済にとって無くてはならない存在。

海外出張や現地駐在、現地での企業と活躍している日本人はたくさんいる。

みんな人質である。

暫くの間は注意したほうがいいですね。

 

 

そんな俺はどうだ!

こんなブログを書いていながら来月無策で乗り込んでいくぞ!

ワイルドだろ?。

だって娘を両親(嫁の)に見せたいじゃん。

娘なんぞ格好の人質である。

しかも、いまだに誘拐事件が多発している。

中国では子供1人で外に遊ばせることは皆無。

必ず親か祖父母がついて行くのが常識。

学校への送迎だって当たり前。

下校時間には校門前に人だかり。

ほとんどの親はわが子を迎えに来る。(小学生くらいまでかな)

俺には誘拐の危険性もあるわけで・・・。

ちょっと大袈裟に書いてはいるが、心のなかではちょっと心配。

注意しなきゃ!

 

来月には反日デモ収まっていそうだけど大丈夫かなぁ。

心の中では、「俺は大丈夫!」

きっとみんなもそう思ってる。

日本人って平和だねぇ?。

 

チョンミン

 

Related Articles: